「ひたすら品質」

 

わたくしたちは、衣料が気持ちを変えること、子どもたちが楽しい給食の時間を過ごせることを " 衣育 " として提案します。

 

お客様のニーズに、1枚1枚きめ細かく対応できる専門メーカーとしての技術を、伸ばし続けます。

 

そして、必要なものを必要なときに必要なだけお届けする。それが私たちの考える「ひたすら品質」です。

福田商店の給食衣
福田商店のらくらく白衣
福田商店のらくらくエプロン

新着情報

田迎小学校の3年生から「職場訪問の御礼」が届きました。

 地域の小学校の3年生。町探検の一環として、毎年の職場見学に来てくれました。いつも自分たちが使っている「給食衣」が、1枚の布から出来上がっていく様子を、目を輝かせながら食い入るように見つめていました。 後日、素敵な「お礼のメッセージ」を頂きました。こちらの方こそ、元気を分けて頂いて感謝です。御世話役の先生、保護者の方にも大変お世話になりました。ありがとうございました。

中学校から「ナイストライ新聞」が届きました。

以前ご報告した地区の中学2年生による「ナイストライ事業(職場体験授業)」。

活動報告が素敵な新聞になって届きました。慣れない仕事に大変だけれど頑張っている姿勢が伝わってきます。モノづくりの楽しさがわずかでも伝わっていればうれしいです。

ありがとうございました。


中学生の職場体験がありました。

 熊本市では毎年2年生の生徒による「ナイストライ事業(職場体験授業)」が行われています。我が社でも毎年何名かの受け入れをお手伝いさせていただいています。

 今年は初めての女の子2人組。同じクラスだそうです。今年もまずモノづくりの楽しさを知ってもらう事からスタート。自分達で企画・デザインしたものを、製品化というミッションです。テーマは昨年同様「おかあさんにありがとうの気持ちを込めて、渡せる製品。」

 仕様書のイメージに合った生地を選ぶ、縫い方を考える、等々。初めてのことばかりで大変そうでしたが、楽しく作業をしていました。完成品は以下の写真をご覧ください。お母さんの笑顔が目に浮かぶようですね。3日間、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。


第59回 全国栄養教諭・学校栄養職員研究大会に参加しました。

平成30年8月3日(木)~4日(金)に広島市「広島国際会議場」で開催された「第59回全国栄養教諭・学校栄養職員研究大会」に展示参加させていただきました。

 

 当日はたくさんの方に弊社ブースにお立ち寄りいただき、日頃なかなかふれることのない給食現場の御苦労や商品へのご要望をうかがうことが出来ました。おかげさまで楽しく大変貴重な1日となりました。ありがとうございました。

 ブースにお立ち寄りいただいた方には、心ばかりの記念品(くまモン巾着)をお渡しいたしました。ところが、準備した数が1時過ぎには終わってしまい…。

 終盤にご来場いただいた方には、お渡しすることが出来ませんでした。 誠に申し訳ございません。 次回の広島大会には、また何か喜んでいただけるものを企画したいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。

らくらく給食衣ビスポークホームページ開設

 ちょうど1年前、私たちが自社のホームページを作った当初から、どうしても作りたいと思い続けていたページがようやく立ちあがりました。ホームページを通じて私たちの会社や商品を全国の方に簡単に知ってもらう機会が格段に増えました。同時にそれは私たちがいろいろなことをあらためて知る機会にも成ったのです。当社にも障害を持つ子供たちのクラス出身の社員が働いています。でも、その子たちにとって、私たちの白衣が本当に着やすい白衣で無かったことには気づかなかったのです。

 そのことを教えてくれたのは、当社からは遠い地方の支援学校の先生であり、保護者の方だったのです。障害のある子供たちにこそ本当に着やすい白衣を提供したいという思いは、日に日に強くなっていきましたが、同時に現在のホームページでやれることの限界を強く感じるようになったのです。新しいページを立ち上げることの理念は1つです。”商品をともに作る。ともに育てる。”ということ。そのためのちゃんとした場を設けたかったのです。ですから、ぜひたくさんの方にこのサイトを訪れていただき、たくさんの方にご意見をいただきたいのです。